資格名

アクチュアリー

資格の種類民間資格
主催日本アクチュアリー会
資格の概要

保険商品の開発や年金制度の設計に携わる確率・数理統計の専門家。確率や統計など、数学理論で保険や年金の商品設計および経営リスクの分析をするのが主な仕事です。 資格名は「保険数理人」とか、「保険計理士」、「保険統計技師」などと訳されていますが、日本においては「アクチュアリー」とカタカナ読みで呼ぶのが一般的です。
人の寿命のように個別には予測不可能なことも、統計と確率計算をすれば、ある一定の法則に従うことになります。その計算値に基づいて、保険や年金の掛金を計算し支払金が決められるのですが、保険会社や信託銀行、官庁などで、このような高度な計算に携わる数値計算の技術者が、アクチュアリー(保険計理人)です。
ひと言でいえば、「確率・統計などの手法を用いて不確定な事象を扱う数理のプロフェッショナル」と言えます。資格取得者は国内では1300人ほどしかいない大変な狭き門です。日本ではあまり聞きなれないですが、米国では「有望な資格」としてよく知られています。
この資格は、非常に難易度も高く、希少が価値あるため、ニーズは今後も増える見通しです。また、出世や転職の武器にもなり、安定した高給が見込めます。資格取得者の6~7割は生保、損保、信託銀行などに勤務しています。

※日本国内でアクチュアリーになるには、日本アクチュアリー会が実施している資格試験に合格し、正会員資格を取得する必要があります。日本アクチュアリー会の会員は、生命保険会社・損害保険会社のほか、信託銀行や各省庁、コンサルティング会社、監査法人など、いろいろな分野で活躍しています。
※日本アクチュアリー会は海外のアクチュアリー会とも交流があり、国際的な資格として認定されています。

◆アクチュアリー資格関連情報
平成28年度以降の資格試験(年金コース)が一部改正になりました詳細
・アクチュアリーの先進的な国際資格に「CERA」があります。CERAとは、Chartered Enterprise Risk Actuaryの略でERM(エンタープライズ・リスクマネジメント)に関する専門知識および問題解決能力を有すると認定された場合に付与される国際資格で、アメリカ、イギリスを初め、多くのアクチュアリー会がCERA資格の認定を行っており、日本アクチュアリー会においても2012年度からCERA資格の認定を開始しました。平成 26 年度の CERA試験・研修の結果が1月に発表され、平成26年度の新CERA資格者として14名が承認されました。
・平成26年度 CERA 試験の実施状況
 申込者数56 名 受験者数52 名 合格者数15 名 合格率28.8% 

試験方式

1次試験(基礎科目)と2次試験(専門科目)から構成されている。

●1次試験
すべてマークシート方式で行われ、多肢選択や語群選択、数値記入などの出題がある。合格基準点は各科目の満点の60%。但し、会計、経済、投資理論の各分野のうち一分野でも満点の40%に達しない場合は不合格。
●2次試験:生保・損保・年金のいずれかのコースで合格すればよい。実務を行う上で必要な専門知識および問題解決能力を判定する試験。
●合格基準:
【第1次試験】
(「数学」、「生保数理」、「損保数理」、「年金数理」、「会計・経済・投資理論」)については、合格基準点(各科目の満点の60%を基準として試験委員会が相当と認めた得点)以上の得点で合格となります。 ただし、「会計・経済・投資理論」については、「会計」、「経済」、「投資理論」の各分野のうち一分野でも最低ライン(分野ごとの満点の40%を基準として試験委員会が相当と認めた得点)に達していない場合は、不合格となります。 
【第2次試験】
(「生保 1」、「生保 2」、「損保 1」、「損保 2」、「年金 1」、「年金 2」)については、合格基準点(各科目の満点の60%を基準として試験委員会が相当と認めた得点)以上の得点で合格となります。ただし、第Ⅰ部、第Ⅱ部のいずれかでも最低ライン(第Ⅰ部・第Ⅱ部ごとの満点の40%を基準として試験委員会が相当と認めた得点)に達していない場合は、不合格となります。

受験資格

原則は大学卒業者、または、日本アクチュアリー会が受験に必要な基礎的学力を有すると判断した者として、1次試験と2次試験結果で評価されます。1次試験は大卒以上が受験可能。それ以外は下記1次試験の項の要件を満たす方で、所定の書類を提出し、試験委員会が大学を卒業した方と同等の資格試験受験に必要な基礎的学力を有すると判断した方も受験できます。 2次試験は1次試験の全5科目に合格しないと受験できません。
    ⇒詳細は日本アクチュアリー会HPを参照

●1次試験:大卒であることがほぼ前提になっている。
・学校教育法による大学(短期大学を含む)の卒業者。
・このほか、次の要件を満たす者で、所定の書類を提出し、試験委員会が大学を卒業した方と同等の資格試験受験に必要な基礎的学力を有すると判断した者も受験できる。。
(1)大学3年生以上の者(4年制大学において、2年以上在学し、かつ62単位以上の単位を修得した者)
(2)高等専門学校卒業者 
(3)学士資格を有しない大学院生
(4)外国の大学を卒業した者、または、外国において上記①~③に相当する学校教育における課程を修了した者
(5)生保数理、損保数理、年金数理などの日本アクチュアリー会資格試験の受験科目に関連する知識を必要とする、保険・年金などの業務に3年以上携わった者

●2次試験
2次試験は準会員(1次試験全科目合格者)であることが必要

試験科目

●1次試験  
第2次試験を受けるに相当する基礎的知識を有するかどうかを判定することを目的にしています。
・試験科目:数学 生保数理 損保数理 年金数理 会計・経済・投資理論の5科目。
 (この中から受験科目を受験者が選択します)
1次試験の5科目に合格すると、アクチュアリー会から「準会員」として認めらる。
※1次試験の1科目以上に合格した場合は、アクチュアリー会の研究会員になれる。

●2次試験:アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な専門的知識および問題解決能力を有するかどうかを判定することを目的としています。
「生保コース」「損保コース」および「年金コース」のうちいずれか1つのコースを受験者が選択します。
・試験科目
 生保コース:生保1(保険商品の実務)、生保2(保険会計・決算)の2科目
 損保コース:損保1(損保商品の実務)、損保2(会計・決算・資産運用)の2科目
 年金コース:
 年金1(適格退職年金制度、確定給付企業年金制度、確定拠出年金制度、年金関係税務・会計)
 年金2(公的年金制度・厚生年金基金制度)の2科目  
※第2次試験に合格し、理事会の承認を得られた人が日本アクチュアリー会の正会員となれますが、この理事会の承認を得るには、プロフェッショナリズム研修(前身の正会員研修を含む)を受講済みであることが必要となります。

スケジュール

・試験日:年1回(12月中旬 3日間で実施)
・申込期間:7月上旬~8月下旬

平成30年度アクチュアリー試験日程 
・試験日:平成30年12月10日(月)・11日(火)・12日(水)
・受験申請受付:申込締切り 平成29年8月23日(木)正午まで
・合格発表:平成31年2月中旬の予定(受験票送付時に通知)

試験会場

東京・大阪

受験料

・個人会員:1科目について 7,000 円    
・一般(非会員):1科目について 10,000 円

資格難易度

・難易度 「A」難関    
・合格率 
平成28年度アクチュアリー試験結果 1次試験合格率(合格者数/受験者数)
数学19.7% (201/1,020) 生保数理10.6% (80/753) 損保数理13.2% (82/621) 
年金数理16.6%(85/512)  会計17.2%(104/603)

※参考データ
・平成27年度アクチュアリー試験結果 1次試験合格率(合格者数/受験者数)
数学20.2% (189/934) 生保数理14.0% (96/684) 損保数理20.5% (126/615) 
年金数理18.5%(89/482)  会計46.1%(321/696)
(各科目のポイントと難易度)
・数学:確率と統計知識がない人には難解。
・生保数理:教科書に沿って演習問題の量をこなす必要有。
・損保数理:これも生保と同様、演習で量をこなす。
・年金数理:一番難解かも知れない。
・会計/経済/投資理論:教科書に沿って、会計は暗記したらいいでしょう。
・損保Ⅰ:基本は教科書と法令の丸暗記です。
・損保Ⅱ:試験範囲が広く、量も多い科目。経理の知識がないとちょっと難しい。
難易度レベルは、数学<会計・経済・投資理論<生保数理<損保数理<年金数理=損保1<損保2 か。

受験対策&
資格の将来性

アクチュアリーは生命保険会社や損害保険会社で保険料や年金の掛け金を算定する数理業務の専門家です。生命保険事業や損害保険事業だけでなく、年金事業、共済事業、さらには企業の資産運用などの多彩なフィールドで活躍しています。金融の自由化などにより、ますますその役割が重要になっており、海外のアクチュアリー会などとも交流のある国際的な資格であるため、その評価は高いです。この資格取得の要件は、全7科目の資格試験に合格して(社)日本アクチュアリー会の正会員になり、プロフェッショナリズム研修の受講が必須の要件になっています。

試験は非常に難しく、受験資格も、学歴が大卒又は、試験委員会が大学を卒業と同等の基礎的学力を有すると判断した者が対象になります。合格率は全科目10~20%ほどです。
また、アクチュアリー試験は予備校などはほとんど対策講座を行っていないため、独学が中心となりますが、 仕事をしながらの受験の場合は、通常は1年1科目、早くても1年2~3科目が限度と考えてよいでしょう。準会員になるまでに平均5年、正会員になるまでに平均9年かかる難関資格です。1年1科目ずつ取るのも大変な資格です。1次試験の1科目あたりに必要な勉強時間はおおよそ200時間くらいは必要でしょう。
※年に1回、日本アクチュアリー会がアクチュアリー講座(基礎講座、特論講座および追加演習講座)を開催しているので、それを受講するのも良い方法です。

主な試験対策としては、知識系は教科書を繰り返し読み込み、過去問を繰り返し解く、対策はこれに尽きますが、この資格は法律系や語学系資格のように暗記する量はそれほど膨大ではなく、インプットしなければならない量としては限られていますが、ポイントは数学です。問題の演習を繰り返すことにより、解法をマスターしていくことが試験対策になります。従って、数学などを大学の教養課程などで学んだ人はある程度対応出来るかも知れませんが、損保数理、生保数理、年金数理などは専門性が高く難解であるため、この資格を狙う人は、目標を早期に決めて早めにこれらの勉強を始めることが重要です。また同時に、会計・経済・投資理論などについては経済学の知識も必要となるので、併行して学習していかねばなりません。
結局、言いかえれば受験対策は、社会人の場合は勉強時間が取れないので、学生時代に1次科目をなるべく取っておくことがベストな対策と言えます。ただ、総論として、大学の数学系出身者がまじめにやっても、合格まで数年はかかると覚悟しなければならないレベルの試験です。
アクチュアリーの難易度に関して、よく公認会計士試験と比較されることがありますが、アクチュアリーでは年金や損保などについては公認会計士より難しいことを問われますが、公認会計士は統計以外に管理会計や簿記等の計算科目の他、企業法や監査などでは理解力、租税法や財務諸表論では理解だけでなくかなりの暗記能力も問われ、総合的に判断すると、アクチュアリーの方は狭く深く、に対して公認会計士の方は広く浅くになります。結局、全体的なボリューム等を考えると、すべてを把握しなければならない分、公認会計士の方が難しいと考えていいでしょう。

アクチュアリーになる人は理数系の大学を卒業して、保険会社や信託銀行などに入職して、会社で保険や年金の実務経験を積んで、アクチュアリー講座を二年間受講した上で資格試験を受けるのが一般的です。また、アクチュアリーに向いた人は、まず数字が好きな人、またコツコツとまじめに積み上げていくことが得意な人や、書類作成や管理することなどが得意な人でしょう。
この資格は他の民間資格と違い、海外のアクチュアリー会とも交流がある国際的な資格なので、業界での評価は高く、就職・転職に有利です。仕事は、保険料金の設定や経営リスクの分析といった専門的な分野で活躍が可能です。取ってしまえばかなりの高待遇が約束されている資格でもあり、会社勤めでも1000万円を超える年収が期待できます。普通は保険会社や信託銀行などに所属し活躍している人が多いようです。現在の日本アクチュアリー会の正会員数は約1300名。

このように「アクチュアリー」は、一般にはなじみが薄いですが、医師や弁護士に勝るとも劣らない難関資格であり、海外では人気の高い職種です。とかく複雑、難しい、ややこしい、と言われる生命保険料の算定の背景には、難関資格「アクチュアリー」の存在があるのです。

通信講座

-

スクール

日本アクチュアリー会主催講座         
東京理科大アクチュアリー資格取得試験対策講座
基礎/特論講座

オンライン学習

-

教材

日本アクチュアリー会推奨教材
アクチュアリー

売れ筋教材

-

問い合わせ先

(社)日本アクチュアリー会  03-5548-6033 http://www.actuaries.jp/menu_j.html
〒104-6002
東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーX 2F
TEL:03-5548-6033  FAX:03-5548-3233

スポンサーリンク