TOP サイトマップはできるだけ作成しましょう!

  
 受験予定者
    要チェックサイト
「資格の難易度」をチェックする
2016年度(平成28年度)
 
  主要資格試験の試験日程
2016年 あなたの武器に
    なりそうな資格はこれ!
資格試験の最新公式情報
最新の資格試験公式発表
(試験結果・日程・新資格)
(平成27年度)
主要資格試験の試験結果
(平成24・25・26年度試験)
 試験別受験者数/合格者数
 (平成25・26・27年度試験)
合格者数/受験者数ランキング
 公務員試験
H28年度国家公務員試験情報
平成28年度版
総合職試験ガイド
 
平成28年度総合職試験
区分の見直し概要
 平成27年度国家公務員
採用試験結果まとめ
 国家検定(技能検定)
 技能検定(国家検定)とは
(技能検定)
平成27年度受験案内
平成27年度試験の実施日程
平成27年度(後期)技能検定
都道府県実施公示
平成27年度(後期)技能検定
実施職種一覧・実技試験概要
 
 資格試験情報
  国家資格の新設情報
 資格取得の参考に
 2016年の資格はコレ!
 資格別受験資格一覧
 国の教育訓練給付制度
 資格試験 受験対策
資格スクール・講座情報
 民間スクールの受講割引制度
 資格関連情報
主要資格試験公式サイト 
IT企業が求める技術者資格
試験合格者の男女比率 
ビジネスマン関心度
取りたい資格ランキング
資格取得にかかる費用
 関連リンク
国家資格 難易度
役立つ資格ランキング
介護資格制度が変わります
転職と資格
医療事務の資格取得
資格試験制度の改定と新設
資格を武器に転職するには
Progress in English
シニアの生き方さがし



このサイトについて
このサイトは、就職・転職対策や自身のスキルアップなどの目的で、各種の国家資格や民間資格、検定試験などにチャレンジされる方のために、資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供し、目標達成に役立てていただくための必要情報検索サイトです。
資格取得に必要な情報とは
資格は、実社会において自身の能力を証明する手段の一つと言えます。
従って、貴方が資格試験のチャレンジに初心者である場合には、自分の能力を証明する手段(資格)にはどういう種類の手段があるのか、ということを知ることから始まることになります。さらに、選んだ資格は自分に向いているのかどうか(自身の適性や資格の難易度など)。また目指す目標にその資格が合致するのかなど、チャレンジする前に確認しておかねば、取得したけど役に立たなかったということにでもなれば大変です。大切な時間とお金と努力を無駄にすることになります。
このサイトでは、必要な資格取得のための情報だけを選んで掲載していきますので、ぜひ活用していただきたいと思います。
  先日、通信講座のユーキャンが「2015年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」というタイトルで、その調査結果を発表しました。
その中の記事でニュースになったのが「2015年こそ武器になりそうな資格」です。
1位は【ファイナンシャルプランナー】 2位が【TOEIC】 3位が【ケアマネジャー】という結果でした。また別の記事で、もしあなたが学生さんだとしたら、「資格や検定取得者が入学の目安として考慮される」ことをご存知だと思いますが、「どのような資格や検定が対象になっているかをご存知ですか」という内容でした。
現状は国立大学・大学院では「語学系民間資格・検定」が、公立大学・大学院では「国家資格(税理士、社会保険労務士など)」、私立大学・大学院では「教育系民間資格・検定」が考慮されることが多いのですが、このような情報を何も知らずに、受かりそうな試験を適当に見つけて受けるのと、必要な情報を得た上で自分の適性などを考慮しながらチャレンジする資格を選ぶのでは、その資格を自分の将来に役立てるつもりなら、効果は大きく異なることになります。

孫子の言葉にあります、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」。”敵”を資格試験に、”戦い”を受験に代えて、戦いに勝つためには何をしなければいけないかを考えてみましょう。
試験の前には何をしなければならないか、己を知るとはどういうことか、手順を踏んで対策を考えます。このサイトでは資格試験チャレンジャーの方々のために、「敵を知り己を知れば」の手助けをするためのサイトとして作成したものです。

 まず最初は「敵を知る=資格に関する基礎知識と資格試験の現状を知る」ということから始めます。この中で大切な項目は「資格の難易度」です。「資格の難易度」では、分野別の資格の難易度や、難易度ランキングなどを紹介しています。目指す資格が決まっている方は、その分野全体の難易度や合格率の結果を見て、その資格はその中でどの程度の難易度なのかを知ります。また、試験結果や受験者数比較の統計数値では、その資格の人気の程度なども分かります。そのようにして、「敵を知る」ことから始めて下さい。
敵を知る(基礎知識)  
 ”敵”すなわち「資格試験」のことをよく理解しておかなければなりません。特に、受験経験の浅い人や初めての人は基礎知識として最低限のことは知っておく必要があります。
知ると言っても多くのことがありますが、ここでは基礎知識として以下の4件をあげました。
◆資格の種類について 
◆国際資格について
◆日本でメジャーな資格といえば
◆生き残るための有望資格とは
              ⇒詳しい内容は「資格試験の基礎知識」を参照ください。
敵を知る(資格試験の現状を知る)
 次に必要なことは、敵の現状を理解しておく、ということです。現状を理解するということは、最終的には”己を知ること”にもつながることなので大切なところです。
◆学びに関する意識(学ぶ目的・取りたい資格)
◆資格の必要性について
◆CBT試験の現状
◆各種の統計数値(資格試験別の合格率・受験者数・資格の難易度・試験結果など)
  ⇒詳細なデータ
   「合格率/受験者数一覧」    「資格の難易度」     「試験結果一覧  
            ⇒詳しい内容は「資格試験の現状」を参照ください。
己を知る(資格を選ぶ)
 次は、”敵を知る”ことと同じくらい重要な”己を知る”ことです。勉強のやり方ももちろん大切ですが、己を知る大きな目的の一つは自分の「立つ位置を知る」ということです。これを間違うと、試験に繰り返し失敗する結果になります。「自分の力量を知る」ということでもあります。
その中の大事なことの一つに「資格を選ぶ」ということがあります。どういう基準で選ぶのかということを知っておかねばなりません。
◆適性で選ぶ方法
◆分野で選ぶ
◆受験資格で選ぶ
             ⇒詳しい内容は「資格を選ぶ」を参照ください。
己を知る (初心者向け)資格試験の受験対策学習
 敵を知り、チャレンジする目標が決まればあとは勉強一本です。勉強法に関しては、資格試験が初めてのチャレンジャーと経験者では進め方を変えねばなりません。
初心者の場合は、あくまで基本に忠実な資格試験勉強法が求められます。まず学習計画の立案からになります。
◆初心者向け資格試験合格対策 勉強法
◆資格取得のための学習法
◆試験に合格するための考え方(合格の方程式)
◆独学で突破するための学習法
       ⇒詳しい内容は(初心者向け)資格試験の受験対策」を参照ください。
己を知る (経験者向け)資格試験の合格対策
受験経験者向けの勉強法は、過去に不合格の経験があるわけですから、その原因分析から入るのが本来の道筋です。原因が分かればその対策を立て、それに併せて学習計画を立てます。また合格経験者のアドバイスも非常に参考になります。
◆過去の不合格原因を分析する
◆過去の不合格原因を解明する
◆合格経験者のアドバイスを参考にする-1
◆合格経験者のアドバイスを参考にする-2(平成の資格王が語る資格試験勉強法)
     ⇒詳しい内容は(経験者向け)資格試験合格対策」を参照ください。
モチベーションの問題解決
特に、難易度が高い試験になると、どうしても勉強が長期戦になります。長期になればなるほど、誰にでも「モチベーション(やる気)の低下」の問題が出てきます。特に、通信講座や独学での突破を狙う方には必ず出てくる大きな問題です。この解決法を知っておかねばなりません。
◆モチベーションとは
◆モチベーションを維持する方法
◆集中力のアップ
◆学習時間を確保するには
         ⇒詳しい内容は「モチベーションの問題解決」を参照ください。
独学かスクールか通信講座か
資格試験にチャレンジしようとする方には必ず付いてくる問題の一つが「独学かスクール(講座)か」という問題です。費用や時間、資格の難易度など、いろいろな要素がからまっているため、決断が難しい問題でもあります。ここでは、決断する前に考えねばならないことに重点を置いた説明をしています。 
◆通信教育・通信講座で資格試験を突破するコツ
◆資格取得にかけねばならない時間と費用
◆主な資格取得にかかる時間と費用 
         ⇒詳しい内容は「独学かスクールか通信講座か」を参照ください。
資格試験対策 学習ツール
ここでは、分野別資格試験対策本や、主な資格スクール、通信講座のほかに、資格試験対策用スマホアプリなどを紹介しています。
◆近々、資格試験にチャレンジを考えている方に 
◆資格試験対策書籍 資格別一覧 
◆資格試験対策  
         ⇒詳しい内容は「資格試験対策 学習ツール一覧」をご覧ください。
 

 Copyright (C) 2009 資格試験情報 All Rights Reserved. NewtonGYM運営組織