TOP sitemap
  
「資格の難易度」のページにようこそ。
このサイトについて
このサイトは、就職・転職対策や自身のスキルアップなどの目的で、各種の国家資格や民間資格、検定試験などにチャレンジされる方のために、資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供し、目標達成に役立てていただくための情報提供サイトです。資格は、実社会において自身の能力を証明する手段の一つと言えます。
従って、あなたが資格試験のチャレンジに初心者である場合には、自分の能力を証明する手段(資格)にはどういう種類の資格があるのか、ということを知ることから始まり、さらに選んだ資格は自分の力量に合っているのかどうか(受験資格や資格の難易度など)など、チャレンジする前に十分確認しておかねばならないことがあります。大切な時間とお金と努力を無駄にすることにならないように、このサイトでは、特にチャレンジするまでに知っておく必要のある情報を選んで掲載していきますので、ぜひ活用していただきたいと思います。
 
「資格の難易度」のランク付けについて
「資格の難易度」のランク付けでは、難易度を、”超難関”の「S」から、”難関”の「A」、”普通”の「B」、”やや易しい”の「C」、”易しい”の「D」まで、S、A、B、C、Dの5ランクにランク分けし、「資格の難易度」と「資格の難易度ランキング」を各ランク別に一覧にしています。 また、資格を「医療・福祉」「法律・労務」「税務・会計・経営」「土木・建築・不動産」「語学」「公務員・行政」「IT・情報」「技術・工業・環境」「サービス・その他」の9分野にジャンル分けし、ジャンル別に「難易度ランキング」を掲載しています。
ランキング表では同一ジャンルや、同一難易度ランクでは、上位にある資格ほど難易度が高いという評価です。
「資格の難易度」や「難易度ランニング」の根拠  
本来、「資格の難易度」をランク付けすることは大変むつかしく、特にジャンルが異なる資格の比較などは基準も異なるため非常に難しいのですが、私どもは長年、資格試験学習教室として収集した多くのデータを比較・分析し、独自のポイント方式にすることで資格の難易度をランク付けしました。
主に問題の質と平均的なレベル、科目数や試験範囲の広さ、出題形式、解答方法、問題文の量、受験者学歴、過去の受験倍率や合格率、計算方法の相違、受験までに要する年数、受験回数の制限などを「難易度の基準」として、それぞれ独自の方式で数値化し、資格ごとに合計値を求めて難易度レベルをランク付けしたものです。

・難易度ランクに掲載されている各資格名のクリック先では、「資格試験の詳細・受験対策」などを紹介しています。
資格の難易度

資格の難易度ランキング
 難易度「S」の資格難易度ランキング (難易度:超難関資格)
 難易度「A」の資格難易度ランキング (難易度:難関資格)
 難易度「B」の資格難易度ランキング (難易度:普通資格)
 難易度「C」の資格難易度ランキング(難易度:やや易しい資格)
 難易度「D」の資格難易度ランキング (難易度:易しい資格)
  【ジャンル別】

資格の難易度

資格の難易度ランキング
 「法律・労務系」資格の難易度ランキング
 「IT・情報系」資格の難易度ランキング
 「公務員・行政系」資格の難易度ランキング
 「語学系」資格の難易度ランキング
 「不動産・建築・土木系」資格の難易度ランキング
 「医療・福祉・介護系」資格の難易度ランキング
 「税務・証券・会計系」資格の難易度ランキング
 「環境・技術・工業系」資格の難易度ランキング
 「サービス・その他系」資格の難易度ランキング
 検 索    2017年資格試験 結果等発表情報       
資格・検定試験の50音検索                       
    
     【最近 追加掲載した資格】

DELE /テクニカルコミュニケーション技術検定 /BPIE検定試験 /情報処理安全確保支援士 / Ruby技術者認定試験 /ホテルビジネス実務検定試験 /農業簿記検定試験 /Rails技術者認定試験 /計装士 /国際連合公用語英語検定試験 /プロフェッショナルエンジニアリング /マイナンバー実務検定 /知的財産法学試験(IPLaWTest) /歯科技工士/土地改良換地士/液化石油ガス設備士/再開発プランナー/医事コンピュータ技能検定/舗装診断士/GTEC BCT
           
 スクールや講座の選択に迷っておられる方はこちら↓を参照ください
  資格試験のための資格スクール・資格講座情報
 
 (スクール・講座の各種情報、資料請求など)
 

 Copyright (C) 2009 資格の難易度 All Rights Reserved. NewtonGYM運営組織